So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

癌(5)食道癌 と サルノコシカケ

 年々癌になる人の確率が年齢を訪わず多い。2人に1人癌の時代に入って来たのだろうか? 気を付けたいものですね。
 癌も色々ありますがどの癌でも大変厄介な病気であることは間違いないでしょう。サルノコシカケはどの癌でも効き目がありますがとくに食道癌に対して相性がいいと言えるでしょう?。。。


 宮崎市内にある幻の一本杉、幹の周りが6メートルあります。樹齢は何年でしょう?
image.jpg
 
 行くのが遅れ開いたマッタケ残念
image.jpg

 本当に美しいアカヤマドリ
image.jpg

 何処となく神秘的で可愛い
image.jpg

 クリイロイグチモドキ
image.jpg

nice!(0)  コメント(1) 

癌(4)

サルノコシカケを求め日本全国から私の元へ来た人は結いに100人を超えた。
本当に癌になる人が多い。この先も増え続けるであろう。
私も一生懸命頑張って一人でも多くの人命を救いたいと思います。


現在医学の進歩はありますがこれと言った特効薬は今だにないないのが現状です。
治療はやはり抗ガン剤でありますが、この薬は本当に細胞を破壊し身体がボロボロになります。

サルノコシカケは抗ガン剤の中へ含まれてはいるものの、やはり副作用があります。副作用を防ぐにはサルノコシカケのエキスと併用することがいいでしょう。

抗ガン剤の新薬も開発されておりますが癌の方も薬に対し抵抗力の強い癌になってることはまちがいないと思います。


今は以前とちがい飽食次第になり癌の源になってる原因と思います。昨年から日本だけでなく中国の方まで送っております。中国も本当に癌の人が多いです。又、大気汚染、PM2.5の影響でこの先肺癌になる可能性あります。気をつけたいものです。

↓↓カクミノシメジ↓↓
CIMG5236.jpg

↓↓カワムラフウセンタケ↓↓
CIMG5233.jpg

↓↓ヤマブシタケ ヌメリスギタケ↓↓
CIMG5225.jpg

↓↓ホコハタケ 皮を剥くのが大変です↓↓
CIMG5197.jpg

↓↓セイタカイグチ 美味しいキノコです↓↓
CIMG5132.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

癌 (3)

近年キノコ狩りは、
天候不順により、毎年毎年不調続きです。

昨年の秋にはキノコ愛好家で
奈良大分熊本、遠くは茨城つくばより
森林微生物環境学の博士まで来ていただいたのですが、
キノコの発生が悪く残念な一日でありました。

又、癌に使用する、サルノコシカケも年々減少し収穫も容易でなく
癌になる方は近年増え続けております。

癌を治す為には3~4ヶ月程の日数が必要で
サルノコシカケもかなりの量を使いますから
幻のキノコを探すのも大変です。

遠い県より私を頼ってこられる方へ
キノコがないと言うことは絶対言えませんから
私も必死です。

癌になるのは食べ物からです。
肉、油物、塩分を控え
野菜や海の物を多く食べるよう心掛ける事ですが
やはり皆様が癌にならないタメには

『予防に勝る治療無』です。


↓↓10M以上高く採るのも大変↓↓
20120309 001.jpg

↓↓幻のサルノコシカケ↓↓
20120309 002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

癌(2)

癌に携わり早10年以上の歳月が過ぎた

今や皆癌ではないかと言う程多い

以前は癌は遺伝と言われていたが
もちろんそれも有るだろうが、今は違う

若い人の癌が多く
これはドクターが言われるように食べ物で有ろうと思う
肉や油物類は出来る限り控える方がいい
癌の源であろう

私のところへ来る人達は余命のない人が多いが
余命はドクターが決める事で有って、
そう言う言葉は私には関係ない事

私は余命は一ヶ月も有れば充分で
サルノコシカケのエキスを飲める事が出来るならば
余命みたいなものは関係ない

何に事も一生懸命、命懸けでやる事が大事

私はボランティアですが、サルノコシカケ採りも命懸けで有る
ひとつ間違えれば命とりになる事は常である

そのサルノコシカケで一人の命を救う事が出来るのだから、
私は命懸けでその人の病気を治す

癌と闘い勝った時、
喜びの顔が見れたら
私はそれでいい
nice!(0)  コメント(2) 

癌(1)

癌で困っている人の為、相も変ずサルノコシカケ採りが続く日々。

このボランティア活動はいつまで続くか
終る日は有るのだろうか。。。

現在、癌になる人が3人に2人
亡くなる人が3人に1人と今の原状
私の所へ、癌の方が多くこられます。

殆どの人が手術の出来ない人ですが
現在肺癌以外は80パーセント近い確率で良くなっておりますが
肺癌だけは逆で
良くなる確率は20パーセントです

私には分かりませんが
肺癌は難しいと思いますから
一年に一度の検診は受けることを進めます

先日は福岡の方で脊髄の癌でした
余命は1ヶ月、長くて3ヶ月と言うことで、
一生懸命治療されその甲斐有って病気を克服されました

本当に良かったと思います


nice!(0)  コメント(0) 

キリノミタケ

長年キノコ狩りをして来たが、
今年程キノコの発生の悪い年は、今までない

昨年も不作で有ったが少しは生えた

先日はキノコ研究家で
奈良県より河合氏、大分県より村上氏、
宮崎からはキノコ、植物と巾広く詳しい日本菌学会の黒木秀一氏を案内したが
山中を歩くばかりで厳しいキノコ狩りと成った

河合氏、村上氏両名は遠くより折角来ていただいたが
残念な一日で有った

↓↓エノキタケ↓↓
20101130 004.jpg

↓↓キリノミタケ、今年は発生↓↓
20101130 003.jpg

↓↓キリノミタケ↓↓
20101130 001.jpg

20101130 002.jpg

↓↓紅葉も終に近い↓↓
20101130 005.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

マイタケ、マイタケ、マイタケ、カブタケ

気候の影響だろうか。。。

昨年同様、全くと言っていい程
キノコの発生が悪い

マツタケは固より傘のキノコが全く生えない

マイタケは今年3年目に当たる木が沢山有るので
収獲は多く出来た
(マイタケは3年周期に生えます)

マイタケばかり沢山有っても
傘のキノコがないとキノコ鍋も出来ない
この先、生える事を期待したい

最近よくクサウラベニタケの中毒を耳にする
私が行く山でも今年はクサウラベニタケを良く見る

毒のクサウラベニタケと、食のウラベニホテイシメジと
良く似てるので注意したいものです

見分け方は、
食のウラベニホテイシメジは足(柄)が、中までしっかりと詰まって、
傘の上(表面)に指で押したような形が所々に有ります

毒のクサウラベニタケは、足が中空になってますから
押えると分かります

胞子を見ると一目瞭然ですが
全てのキノコに注意したいですね

↓↓マイタケ 裏の方へ3キロ程生えてました↓↓
20101019 004.jpg

20101019 002.jpg

20101019 005.jpg

20101019 012.jpg

20101019 010.jpg

20101019 011.jpg

20101019 003.jpg

20101019.jpg

↓↓ヒトヨタケ↓↓
20101019 001.jpg

↓↓カブタケ 美味しいキノコです↓↓
20101019 013.jpg

↓↓収獲:マイタケ↓↓
20101019 007.jpg

↓↓収獲:マイタケ↓↓
20101019 008.jpg

↓↓収獲:カブタケ↓↓
20101019 014.jpg

キノコを採り終え、車の所まで約2時間
雨上がりのキノコは特に重い
20キロは入るリュックだが略いっぱい肩に食い込む
とにかく重く捨てたい気持ちになる
20101019 006.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

松茸を採るコツ

今年も松茸生える季節になりました

松茸を採る為には、
先ずツボを知ると言う事が大切です
行き当たりばったりでは
容易く採れるものでは有りません

他のキノコも同様の事が言えます

キノコが採れる採れないは別とし
3年間位はツボ探しに専念し
自分のツボを持つ事が
キノコを沢山採れるコツです

この先松茸の生える季節になりますから
無駄歩きをしない為には
先ず山の向き、東西南北を確認します

松茸は絶対と言っても過言でなく、
北西方向には生えません
もし生えていた場合は
その場所の一部のみが
南か東を向いてると思います

松茸、マイタケは確実に南東向きに生えます

マイタケの場合は3年に一度生えますから
木の周りの何処か傷みが有り、生えそうで有れば
3年間は見続けます

たまたま生えていた時には、
3年目が又楽しみです

山の中では東西南北の方向が難しいので
磁石を購入し、ポケットに持参する事がいいでしょう

私は必ず持参して行く事にしております
初めて行く山では非常に役立ちます

述べた事が松茸を沢山採れるコツです

[カメラ]ウツロイイグチ
20100914 002.jpg

[カメラ]
20100914 004.jpg

[カメラ]ヒラタケ:小さくて収獲出来ず
20100914.jpg

[カメラ]今年も松茸が可愛い顔を出した[ひらめき]今後楽しみ
20100914 003.jpg

[カメラ]ヤナギマツタケ:一つでは料理も出来ない
20100914 001.jpg



nice!(0)  コメント(2) 

アカゲシメジ



秋に生えるキノコだが、6月頃にも良く生える

姿は如何にも旨そうだが、味の方はイマイチ。。。[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

マツとの混生林内に多い

[カメラ]アカゲシメジ
20100715 006.jpg

20100715 007.jpg

20100715 008.jpg

[カメラ]マツオウジ:テンプラに良く合う
20100715 001.jpg

[カメラ]変なキノコ
20100715 005.jpg

[カメラ]幻のサルノコシカケに運良く行き当たった
20100715 004.jpg

[カメラ]野生ではなかなか見れなくなった
20100715 003.jpg

[カメラ]乱獲し絶滅した 大事にしたいものです
20100715 002.jpg

[カメラ]山ではあまり見かけない顔やなぁ~[るんるん]オマエいったい何物や[exclamation]
100604_074733.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

最先端の整骨院



『みやなが整骨院』では、

治療が出来る
最先端の医療機器を設置

又、ダイエット治療、
ダイエットは100パーセントの効果を上げております

今では子供からお年寄りまで幅広い人達が治療に訪れており
治りも非常に早いと評判良く
今やかなり遠方より患者の方が来ております

みやなが整骨院は
去年(2009年)8月に開院

又、スタッフも30代前半と若く頑張っております[ぴかぴか(新しい)]

是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか[黒ハート]


みやなが整骨院
[家]〒880-0211 宮崎佐土原町下田島10866-1
[電話] (0985)78-3749

[車(セダン)]宮崎市佐土原町役場下より東の方向へ400メートル

年賀用写真 005.jpg
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。