So-net無料ブログ作成
検索選択

キクラゲ

態々採りに行くキノコではない

と言うのも
その都度生えてる木を探さないといけないので
大変苦労します

キクラゲの生える木は柔木の為、
殆ど一年で消滅します

収獲は梅雨の頃で、宮崎では
『ずとれキノコ』とも言う(何をするにも動かない、働かない人の例)

晴れると痩せた~痩せた~
雨が降ると肥った~肥った~と
嘆きながら育つとの事

確かに晴れると乾燥しますから小さくなり
水を含むと大きくなりますね

先日行って来ましたが、収獲の方は少なく
行き当たりばったりのキノコ狩りになるので、
採れる採れないはその日の運と言えますね

帰りに少しだけタマゴタケが顔を出してました

↓↓キクラゲ↓↓
20090713 005.jpg

↓↓美しく可愛い↓↓
20090713 004.jpg

↓↓夏のタマゴは3日で倒れる↓↓
20090713 002.jpg

マムシのマーちゃん 撮影に緊張しピンボケ
直後に又も一匹足元にいたのに気付かずしっかり噛まれた
牙が通らない靴を履いているので大丈夫
20090713 001.jpg

↓↓オカトラノオ:今が見頃↓↓
20090713 007.jpg

イワタバコ:通称(イワジシャ)
キクラゲを採りながら渓を歩くと、岩場にひっそりと生える
8月頃に紫の美しい花を咲かせる
昔から胃腸薬として用いる
陰干しにし煎じて飲む
生の葉はみそ汁、天ぷら、サラダ、和えもの等。。。
20090713 006.jpg

↓↓帰りに美しい風景に出会った↓↓
20090713 003.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。