So-net無料ブログ作成

キノコ狩りでの出来事 (その3) クマ蜂に襲われ危機一髪

山へ行く者には最も注意をしなければいけないのが
クマ蜂である(宮崎県では大スズメ蜂をクマ蜂と呼ぶ)

この日は尾根を歩きキノコを探す事に

尾根には、クマ蜂が多い為注意が必要で、
その事は常に頭に入れ歩いてるつもりが、
ついキノコの方へ気を取られていたのだろう
見張り役のクマ蜂に気付かず
射程内に入ってしまった

すぐに近付いてきた
尾根を歩く時には必ず柴をを持って行動してるので、
その柴で叩き落すつもりで
「バシッ!!」と叩いた

所が見事に叩き損なってしまった
蜂は一目散に地中の巣に仲間を呼びに戻った

「しまった!ヤバイ!!」と思った矢先、
集団で襲い掛って来た

とにかく逃げる
尾根を走った
蜂も早い
頭の後で羽音が聞える

私もとぶように走る!走る!!走る!!!
刺されれば命がないと思い、走る!

先を見ると尾根が終りに成って下ってるのが見えた

「あ~これで助かる。。。」と確信した
尾根をとぶように下りた
蜂は真っ直ぐとんで行った

とにかく、しつこい
刺し殺すまで追い掛けて来るようで有る
あのクマ蜂に刺されていたらどうなっていたか分からない

何とか危機一髪で難を逃れる事が出来たが
普通のスズメ蜂ぐらいならまだ良いが
このクマ蜂だけは間違いなく命取りになるだろう
まだマムシに噛みつかれた方がいい

今回で2度、クマ蜂に襲われた出来事で有った

↓↓私が入会してるエビネランと山野草の展示会↓↓
20100422 001.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 002.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 003.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 004.jpg

↓↓世界で宮崎だけに自生するオナガカンアオイ↓↓
20100422 005.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩りでの出来事 (その2) 最悪のイノシシと出会う

この日は、朝早くからキノコ狩りへと山に入ったが
キノコも生えてなく、午前中で切り上げ、
自然芋を掘って帰ると云う事に成り
夕方までに沢山の自然芋を掘る事が出来
骨折ったが収獲は有ったので良かった

日も沈み帰る事にし、車を出して10分程行った所で
車の前にイノシシが飛び出して来た
猟犬に追われていたらしく、犬もすぐ近くまで来ていた

噛み殺されたら可哀相と思い、後から抱き付き捕まえた
重さは10K程有っただろうか
取り敢えずトランクに入れ連れて帰る事にした

家に着きそ~っとトランクを開けて見ると
頭を下げて突進して来る

さぁ~どうしたものか考え、毛布を頭から被せ
すると大人しくなったので犬小屋に入れ
一時すると何にやら元気がなくなりグッタリなった

死んだら大変と動物園に連れて行き
面倒見てくれるよう頼んだ所、OKが出たので安心し
早速家に戻り骨折って掘った自然芋で
トロロにテンプラにだご汁とたべれるなぁ~と
楽しみにトランクを開け袋の中を開けると芋がない

おかしいなぁ~と家族に聞いたが
「触ってない」の返事

あ~あ!!あのイノシシじゃ!!!

結局自然芋は全部イノシシに食べられてしまった

これぞ本当の
『骨折り損の疲れ儲』となり、
最悪のイノシシと出会い、災難の出来事で有った

↓↓ヒメウラシマソウ咲き始めました↓↓
その2 002.jpg

↓↓ツクシヒトツバテンナンショウ稀な植物↓↓
その2 001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。