So-net無料ブログ作成
検索選択

キノコ狩りでの出来事 (その4)

キノコも採れないと、つい奥へ奥へと入ってしまう

この日もそうで有った

日は西へ傾き、時計を見ると3時を過ぎていた
引き返さないと道中間違いなく暗くなる

林道へ出るまで2時間はたっぷり掛かる・・・
そう思いながら歩いていると、
50~60メートル下の方から(傾斜は70度程ある)
カァ~ン、カァ~ンと
木を切るような音が聞こえてくる

山師が来てるのだろうか・・・?
しかし、この場所まで来る人は殆んどいない
ルートも唯一南から入る1本のみ有るが
容易ではなく3時間は掛かる

木を切ったとて、林道へ出す事も出来ないはずと思っていると
今度は猛獣が吠えるような声に変り

グゥオ~グゥオ~、ギャッギャッ、ブヒ~ブヒ~、ウォッウォッ と
聞いた事のない声となり、その声が山中に響き渡る

私は呆然と立ち竦み、その鳴き声を聞き
余程大きい動物だろうかと思ったが
この原生林ではイノシシぐらいで、他にはいないはずと思ってはみたものの
下の方で不気味な声がする

やはり山師でなかった

一体何だろうか・・・?と考えていると
吠えながら、私の方へ上がって来るではないか!!

一瞬、ドキッ!!とした
よし、来るなら来い!と、
何物か分からないので、私も興味津々で有る
所が上がって来るのが遅い

ゆっくり・・ゆっくり・・・唸りながら
一歩一歩上がって来る
近付いて来た!唸り声も止む

私は息を止め、腰鉈に手を掛け待つ
心臓がドキドキする・・・
変だ、間違いなく近くに来てるはず!
動きがない、何処だ!
心の中で「早く出てこい!!」と呟くと、
その時、2メートル程先に真っ黒い物が短い足で立ってる

なんじゃこりゃ!?

私はそれを見てコケた

鳥であった
体を真っ黒に変色させ、羽を立て
私を じぃ~~~~~っと見てる

私は一言声を掛けた
「あの声は、オマエか?」と。

すると、真っ黒の羽が茶色に変り
立てていた羽も元に戻した
ヤマドリの雌で有った

一時私の方を見ていたが、
又ゆっくりと下の方へ戻って行った

後で野鳥の会に聞いたところ
子供がいると恐ろしい幾つかの声を出し、威嚇をするとの事で有った

私はヤマドリは声を出さないと聞いていたが
とんでもなかった

私がこの日も奥へ奥へと行くものだから
これ以上奥へは行くなと
山の神様の告げで有ったのかも知れないと、私は後で考え
緊張の1日で有った

↓↓メシマコブ:高さ10メートル以上の所で生えてる↓↓
20100521 003.jpg

↓↓照葉樹林で咲くミツバツツジ↓↓
20100521 001.jpg

20100521 002.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩りでの出来事 (その3) クマ蜂に襲われ危機一髪

山へ行く者には最も注意をしなければいけないのが
クマ蜂である(宮崎県では大スズメ蜂をクマ蜂と呼ぶ)

この日は尾根を歩きキノコを探す事に

尾根には、クマ蜂が多い為注意が必要で、
その事は常に頭に入れ歩いてるつもりが、
ついキノコの方へ気を取られていたのだろう
見張り役のクマ蜂に気付かず
射程内に入ってしまった

すぐに近付いてきた
尾根を歩く時には必ず柴をを持って行動してるので、
その柴で叩き落すつもりで
「バシッ!!」と叩いた

所が見事に叩き損なってしまった
蜂は一目散に地中の巣に仲間を呼びに戻った

「しまった!ヤバイ!!」と思った矢先、
集団で襲い掛って来た

とにかく逃げる
尾根を走った
蜂も早い
頭の後で羽音が聞える

私もとぶように走る!走る!!走る!!!
刺されれば命がないと思い、走る!

先を見ると尾根が終りに成って下ってるのが見えた

「あ~これで助かる。。。」と確信した
尾根をとぶように下りた
蜂は真っ直ぐとんで行った

とにかく、しつこい
刺し殺すまで追い掛けて来るようで有る
あのクマ蜂に刺されていたらどうなっていたか分からない

何とか危機一髪で難を逃れる事が出来たが
普通のスズメ蜂ぐらいならまだ良いが
このクマ蜂だけは間違いなく命取りになるだろう
まだマムシに噛みつかれた方がいい

今回で2度、クマ蜂に襲われた出来事で有った

↓↓私が入会してるエビネランと山野草の展示会↓↓
20100422 001.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 002.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 003.jpg

↓↓山野草のいろいろ↓↓
20100422 004.jpg

↓↓世界で宮崎だけに自生するオナガカンアオイ↓↓
20100422 005.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩りでの出来事 (その2) 最悪のイノシシと出会う

この日は、朝早くからキノコ狩りへと山に入ったが
キノコも生えてなく、午前中で切り上げ、
自然芋を掘って帰ると云う事に成り
夕方までに沢山の自然芋を掘る事が出来
骨折ったが収獲は有ったので良かった

日も沈み帰る事にし、車を出して10分程行った所で
車の前にイノシシが飛び出して来た
猟犬に追われていたらしく、犬もすぐ近くまで来ていた

噛み殺されたら可哀相と思い、後から抱き付き捕まえた
重さは10K程有っただろうか
取り敢えずトランクに入れ連れて帰る事にした

家に着きそ~っとトランクを開けて見ると
頭を下げて突進して来る

さぁ~どうしたものか考え、毛布を頭から被せ
すると大人しくなったので犬小屋に入れ
一時すると何にやら元気がなくなりグッタリなった

死んだら大変と動物園に連れて行き
面倒見てくれるよう頼んだ所、OKが出たので安心し
早速家に戻り骨折って掘った自然芋で
トロロにテンプラにだご汁とたべれるなぁ~と
楽しみにトランクを開け袋の中を開けると芋がない

おかしいなぁ~と家族に聞いたが
「触ってない」の返事

あ~あ!!あのイノシシじゃ!!!

結局自然芋は全部イノシシに食べられてしまった

これぞ本当の
『骨折り損の疲れ儲』となり、
最悪のイノシシと出会い、災難の出来事で有った

↓↓ヒメウラシマソウ咲き始めました↓↓
その2 002.jpg

↓↓ツクシヒトツバテンナンショウ稀な植物↓↓
その2 001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩りでの出来事 (その1) 大蛇と出会う

日も暮れ、山の中は少し薄暗くなりつつ有ったが
15分程行った所へマイタケの生える木が有り
生えてるような気がする

急いで行けば、暗くなるまでには戻って来れそうで
行って見る事にした
走るように急ぎ足で行った

もうすぐだと息を切らせながら、50メートル程手前まで来たその時、
目の前に大きなヘビが1メートル程立ち上がっていた

私はビックリし、一瞬「うわー!!!」と大きい声が出、
急ぎ足も止まった

私がヘビに向かって近付いて行ったので
ビックリしたのだろう
私を睨み付けてる

良く見るとヤマカガシで有る
それにしても太い
ビール瓶以上は有ると思った

体はコケが生えたように見え、黒と赤の斑点も太く暈けた色だ
長年生きて来たのだろう

この場所は20年も通うが初めての出来事で有った
マイタケも結局生えてなかった

その後あの大蛇にもう一度会いたいと足を運ぶが
まだ会えない

↓↓エビネランも今年は3月に開花↓↓
エビネ 002.jpg

↓↓宮崎でも雪割草は咲く↓↓
雪割草.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

幻のメシマコブ

癌を治すには、なくてはならない貴重なメシマコブ

メシマコブは野生の桑の木にだけ生える多年生のキノコですが、
探すのは容易な事ではなく
桑の木を100本以上1本々見、1~2個程収獲が出来れば幸いです

メシマコブの生える場所は渓流沿が比較的多く
昔、人が住んでいただろうと思うような跡地、
又炭を焼いた後の近く、竹薮の中と一概には言えませんが
人里を好んで発生するようです

何故山奥の人家の近くに生えるのか分かりませんが
山奥での生活は病気に罹っても病院に行く事が容易でない為、
神様がこのキノコで病気を治すようにと
与えているような気がします

メシマコブは他のキノコと違って生長が遅く
傘の大きさが10センチ程になるまで何十年の歳月を必要としますので、
如何に貴重なキノコで有るか分かりますね

数も少なく太りも遅いので
本当に幻のキノコと言えます

私は癌の病気になり難儀されてる方に、
明けても暮れても山へサルノコシカケを採りに行っておりますが
ボランティアも大変で、
えらいものに携わったものだと
苦笑する今日この頃。。。

↓↓メシマコブ↓↓
20071104114318.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩り 17

晩秋に生える
シモフリタケ、ムレオオフウセン、スミゾメシメジ、
カクミノシメジ、ジョゴダケ類が終りつつ有る

この先はカンヒラタケ、ヌメリシバタケ、ナメタケと
木に生えるキノコが主になる

今年は昨年と違ってキノコの生える時季に雨が降らず
種類、量と全く採れず終った

山にも不況の風が吹いてるのだろうか・・・

↓↓スミゾメシメジ↓↓
20091204 009.jpg

↓↓コナラタケ↓↓
20091204 005.jpg

↓↓オオワライタケ↓↓
20091204 003.jpg

↓↓???↓↓
20091204 004.jpg

↓↓???↓↓
20091204 008.jpg

↓↓晩秋にブルーの実をつける↓↓
20091204 007.jpg

↓↓キノコ狩りの人達と出会った↓↓
20091204 006.jpg

↓↓木に登り昼寝をするサワガニ↓↓
20091204 001.jpg

↓↓帰る途中林道で出会ったヤマシギ↓↓
20091204 002.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩り 16

今年はキノコの発生が悪く
気候の影響だろうか。。。

晩秋のキノコに期待したい

↓↓シモフリタケ(方言):ホーキタケの種類で最終のキノコです↓↓
20091101-2 005.jpg

↓↓シャカシメジ:誰にでも目につく場所を好んで生える↓↓
20091101-2 004.jpg

↓↓サクラシメジ:名の通りキレイなキノコです↓↓
20091101-2 002.jpg

↓↓ムレオオフウセンタケ:今年も又生え始めました。11月下旬頃まで収獲出来るキノコです↓↓
20091101-2 001.jpg

↓↓シカムラベンタケ(方言):大変おいしい。最高級のキノコで有ろう↓↓
20091101-2 003.jpg

↓↓ニガクリタケ↓↓
20091101-2 006.jpg

↓↓猛毒↓↓
20091101-2 007.jpg

↓↓クリタケ:このキノコは食用の方です。収獲出来る太さになってました\(^0^)/↓↓
CA3A0411.jpg

↓↓コガネタケ:群生するので収獲も多く出来るので毎年楽しみです(^-^)↓↓
CA3A0407.jpg

↓↓景色:少し色づき始めました↓↓
CA3A0409.jpg

↓↓収獲 クリフウセンタケ:フウセンの仲間でも最高に美味しいキノコです↓↓
20091101-2 008.jpg

↓↓収獲 マツタケ:今年は雨の降らない日が続いたので半月程遅れて生えだした↓↓
20091101-2 009.jpg

↓↓収獲↓↓
20091101-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩り 15

宮崎地方では、この時季になっても
昼間の気温が25度を越え
キノコ狩りも暑くて大変です

生えるキノコも夏のキノコが生え秋のキノコが生えと、
キノコもどうして良いのか分からないのでは・・・???

今でもテングタケの仲間が沢山生えてます

マイタケも早生、中生、晩生と生えますが
この時季はすでに晩生のマイタケで
何か変ですね

↓↓ササクレフウセンタケ↓↓
20091101 002.jpg

↓↓照葉樹林では少ないキノコ↓↓
20091101 003.jpg

↓↓マイタケ:倒木の根元にも生えるので良く見るとよい↓↓
20091101 001.jpg

↓↓アサギマダラ:今山で沢山見れます↓↓
20091101 004.jpg

↓↓収獲↓↓
20091101 005.jpg

↓↓シャカシメジとタマゴが一緒に生えるのも珍しい↓↓
20091101.jpg

↓↓ハタケシメジ↓↓
20091101 006.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

キノコ狩り 14

盆から9月の下旬まで雨が降らず
幾度か山へ行って見たが、
早い時季に生えるテング、イグチ、ベニタケ類で
食に出来るキノコは全く生えてなかった

10月に入り雨も降るようになり、秋のキノコが顔を出し始め
先日のキノコ狩りで少しだが収獲出来た

マイタケも初めてのツボに2ヶ所行き当たりラッキーでした


↓↓トロトロタケ:いつ見ても美しい 毒です↓↓
20091008 001.jpg

↓↓ムッカラタケ:マニアにとってこの美しさはたまらない 最高に美味しい↓↓
20091008 002.jpg

↓↓1本シメジ:迫力が有る 毒です↓↓
20091008 003.jpg

↓↓ヒョウモンウラベニタケ:ヒョウモンが美しい、めったに見れないキノコ↓↓
20091008 004.jpg

↓↓あ~疲れた~。。。立ってるのもしんどいわ~↓↓
20091008 005.jpg

↓↓マイタケ:木に花が咲いたみたいでキレイ↓↓
20091008 006.jpg

20091008 007.jpg

20091008 008.jpg

↓↓収獲↓↓
20091008 009.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ヤナギマツタケ

朝夕めっきり涼しくなり、キノコが気になるので行って見る事にした。

ベニタケ、イグチ類が少し生えてましたが
食に出来るキノコはなし。

帰る途中に大きいエノキの木が有り
なにやらキノコが生えてるようで近づいて見ると
ヤナギマツタケではないか。

これは最高と思い収獲しようとした瞬間
穴の中から、オオスズメバチが7~8匹出て来た。
これはヤバイと後退し、見てるだけ。
でもヤナギマツタケが欲しい。

どうにかならないものかと考えてる内に
ハチが20匹程になった。

これはもうダメだと諦め(;_;)帰った。

ヤナギマツタケが欲しかったなぁ~。。。

残念(;_;)

↓↓ベニタケ↓↓
20090915 008.jpg

↓↓イグチ↓↓
20090915 004.jpg

↓↓アカジコウに似てるが柄が白すぎる?↓↓
20090915 005.jpg

↓↓ツチカブリ↓↓
20090915 006.jpg

↓↓キノコの上にキノコも珍しい↓↓
20090915 007.jpg

↓↓ウスキキヌガサタケ:いつ見ても美しい↓↓
20090915 002.jpg

↓↓ヤナギマツタケ↓↓
20090915 001.jpg

↓↓憎たらしい蜂↓↓
20090915 003.jpg

↓↓何処となく懐かしい風景↓↓
20090915 009.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。